たれ尻は下着選びにも悩む

たれ尻になってしまうと、下着選びひとつにも悩むことになってしまいます。

ローライズな下着をつけると、ラインが丸見えになってしまい、お尻がたれているのがわかってしまうのが悩みのタネ。その上、ぽっこりお腹が目立つようになってしまったら、目も当てられません。

だからといって、お尻全体を覆うタイプのショーツを履いてしまうと、デザインによってはいかにもおばさん臭い感じになってしまいます。このタイプのショーツは、かわいいデザイン自体が少ないのです。

たれ尻になってしまったと感じたら、下着は慎重に選ぶべきです。下着の選び方によっては、たれ尻をうまく隠すことができるだけではなく、ヒップアップ効果を狙うこともできます。いわゆる『補正下着』ですね。

補正下着の代表格は、ガードルです。ガードルは、一般的にお尻全体から下腹までを全面的に覆う形をしています。種類によっては、おへそよりも上までカバーするタイプや、太もものラインまでカバーしてくれるロングタイプのものもあります。

お尻の部分や、ウエスト、下腹の部分に伸縮性の強い生地を使用するなどして、履くだけでプロポーションを整えてくれる下着です。多くは薄手に作られていますので、パンツスタイルでも下着のラインが出づらく、たれ尻を美しく整えてくれます。

ガードルを選ぶ時は、ハードなタイプよりもソフトなタイプを選びましょう。ハードな方が形をしっかり整えてくれそうですが、履き心地が悪くなりやすく、ヒップラインが固く見えてしまいます。

無理に小さいサイズを履いても、美しいヒップラインにはなりません。下着屋さんできちんとサイズを測り、自分にあったサイズで、ソフトタイプのガードルを身に着けることをおすすめします。

ガードルの以外のたれ尻対策アイテムとしては、着圧タイツ、着圧レギンスがあります。

ガードルほどの補正効果はありませんが、ヒップラインに適度に圧力が加わるような編み方をしてありますので、履くだけでヒップアップ効果があります。むくみ解消にもなります。

とにかく、たれ尻を解消したいと考えているなら、下着も補正効果のあるものを選ばないといけないということです。

トレーニングやダイエットの成果は、少し頑張っただけではなかなか出ませんが、ガードルなどの補正下着の効果は、履いた瞬間からわかります。細身のスキニーでも、補正下着を履いておけばたれ尻のラインを気にしなくても済むのです。

たれ尻が気になってきたら、洗い替えも含めて数枚は補正下着を買っておきましょう。見た目が明らかに変われば、モチベーションにもつながります。いつかたれ尻を克服して、どんな服でも補正下着なしで着こなせるようになりたいですね。